大学生で髪が薄いのは洒落にならない!/若はげを治す方法とは?

人生の中で最も楽しいと思える時期は
大学生であると思ってる人は多いかもしれません。

中学や高校と違って自由な雰囲気が増すので
いろんな活動をしやすいタイミングといえます。

自分が一番したいことを一番できる時期のひとつだと思うので
日々エンジョイしてる人は多いと思います。

そんな中髪が薄くなってしまったら…
せっかくの青春時代が台無しになってしまいます。

かなりの少数派なので見たことない人もたくさんおられると思いますが、
髪が薄いことで悩む大学生はいるのです。

あなたがこのページをご覧になっているということは
その中のお一人ではないでしょうか?

こんな若いうちから禿げるとは思わなかった、
もはや人生真っ暗と思ってるかもしれませんが、
いろいろできることはあるのでネガティブになってはいけません。


薄毛対策で一番重要なのは対策を1日でも早く始めることです。

薄毛の大半は男性ホルモンによるAGAという脱毛症です。



AGAは怪我とか簡単な風邪とかと違って
放っておいても治ることが絶対にないうえ、
どんどん進行してしまう恐ろしいものなのです。

そして進行が進むにつれて改善の難易度が上がります。

特に生え際が後退してると感じてるのなら要注意です。


前頭部(主にm字部分)は男性ホルモンの影響を受けやすく
血行がかなり悪い箇所なので進行度が増すと
てっぺんの薄毛よりはるかに治りにくくなってしまいます。


その点は病気と一緒ですね。

早めに対処すると治りやすいですが
進行すると治療がとても困難になりますよね。

ですから自分はまだ大丈夫と逃げていたら
あなたの大事な髪の毛はドンドン失われるだけです。


あとちなみに生え際から後退するタイプの方は
男性ホルモンの影響を特に受けやすい体質です。

生え際の両端は活性した男性ホルモンの量が多いので
一番ダメージを受けやすいのです。

しかも大学生という若い時期から進行し始めたということは
そうとう遺伝的にも不利な状況だと予想されます。

よって前頭部の若はげは最も注意すべきタイプになります。


ではどうやって対策すればいいのかというと、
定番は薬を飲んで悪い男性ホルモンを減らすことですが、
それ以外にも重要な対策があります。

頭皮から育毛を促進するという方法です。

そう聞くと育毛剤を思い浮かべたかもしれません。

もちろんそれはそれで間違いではないですが、
育毛剤をつける前にもできることがあります。

その対策をすることにより頭皮を柔らかくして
血行を促進したり育毛成分を更に浸透させることができて
薄毛の進行と改善効率を上げることができます。

でもほとんどの人は育毛剤しか頭に浮かばないので
その方法を実践してる人はほぼいません。


一般的にはやってはダメといわれてることなので
それはそれで当然のことかもしれませんが、
中には例外も存在することを知ってほしいと思います。


⇒殆どの人が見落としている例外的な育毛対策


こちらの記事も一緒に読まれてます。