剛毛だとハゲないのは大ウソ!最近髪が柔らかくなってきてませんか?

髪の毛についてはいろんな噂がありますが、
その中にひとつに剛毛だとハゲないというものがあります。

どこもかしくも髪が太くてツンツンとしており、
見た目は固い芝生のような髪質の人、
もしくはいつでもアフロにできるほどの毛量の持ち主は
まず禿げないだろうと思ったり聞いたことがないでしょうか?

その情報は何の根拠もない大嘘ですので
信じないようにすることをオススメします。


なぜかというと薄毛は髪質との相関関係がないからです。

薄毛といったらほとんどの場合は男性型脱毛症(AGA)ですが、
それは男性ホルモンによって引き起こされます。

agaを発症するかは遺伝情報によって左右されますが、
それは髪質とは関係ない部分の情報ですので
剛毛だろうと細毛だろうと薄げ命令を発します。

実際に昔は髪が太くてさもささして邪魔なくらいだったのに薄くなりだす人はいるのです。

なんでこんな噂が立ったのかは定かではないですが、
おそらく単なる見た目からくるイメージで
そう連想されただけなんだろうと思われます。

ということで間違ったイメージを持っていたら、すぐに改めたほうがいいです。

そうじゃないと油断してしまい、いつのまにかかなり進行してた・・・
なんてことになりかねませんので…

AGAは何ヶ月も何年もかけてゆっくり進行するので
急激に髪が抜けることはないのですが、
自分は大丈夫とたかをくくっているといつかえらい目にあうと思います。

特におでこの生え際の変化には注意してくださいね。

前頭部は男性ホルモンの影響を強く受ける特徴があるので
薄毛の中でも一番治しにくい症例の1つになります。

しかも頭皮が硬くなりやすく血管も細いので改善は本当に難しいのです。

薄毛は病気と同じように進行すればするほど治しにくくなっていきます。


もし、おでこの両サイドが後退してきたり
前髪が伸びにくくなったり柔らかくなってきたと
実感されているのであれば今すぐ対策を始めた方がいいですね。

それらは典型的な薄毛の前兆現象ですので
気づいた時点からはじめないと手遅れになりかねません。

対策法としては悪玉男性ホルモンの量を減らすプロペシアを飲んだり
血行を促進したりするミノキシジル系育毛剤をつけることになるのですが、
実はもうひとつ有効なものがあります。

それがコンディショナーです。


といってもその辺の薬局に売ってる質の悪いものではありません。

ふつうに売られてるのは髪の毛をシリコンなどで
コーティングするだけの単なる美容グッズなので育毛対策には到底なりえません。

ここでいうコンディショナーは下手な育毛剤よりも
育毛剤らしいとても画期的な代物なのです。

日本では発売されてないので知らない人が多いのは仕方ないですが
それは非常にもったいないことだと思います。


⇒育毛剤よりも育毛剤らしいコンディショナーの解説記事へ


こちらの記事も一緒に読まれてます。