洗髪するのが怖いと感じる...|手につく抜け毛が多すぎて憂鬱に

髪の毛や頭は汚れやすいので洗髪するのは必須であると同時に
リラックスできる数少ない時間でもあります。

にも関わらず洗髪が怖いと感じてないでしょうか?

または憂鬱になったり怒りを覚えてないでしょうか?

そう、抜け毛が多いことが理由で…


洗うたんびに手にごっそり抜け毛がついていたら確かに誰もが不安になると思います。

こんな若いうちから髪のことで悩むとは思わなかった、

毎日ちゃんと洗って清潔にしてるはずなのに
いつまで経っても抜け毛が減るどころか増える一方、

おまけにべたつきやすくなって夕方には気持ち悪くなる、

なんでよくならないのかといい加減腹が立つ…


といった状況に陥ってないですか?


抜け毛は誰にでも起こる生理現象であり、
人間にも動物と同じように多く抜ける時期(主に秋)があるので
多いから必ずしも悪いわけではありません。

問題は一年中抜け毛が多いと感じ、
なおかつ細い抜け毛が多く混じってることです。

本数は同じ人であっても力の入れ具合や
たまたま抜けるべき髪が多く重なるときもあると思うので
一概に何本以上がまずいとはいえません。

あと洗髪時に一番多く抜けるものでもあるので。

しかし、通常ならせいぜい20~30本ほどしか抜けないはずです。

そして細くて短い毛もほとんど確認できません。正常ならば。


もしその本数より明らかに多く、何十本単位で
細毛が混じってるようであれば危ないと思っていいです。

むしろそこまでわかりやすい症状に陥っていると
もうてっぺんのボリュームが減ってきてるとか
前髪が後退してるとか少しは自覚できてるはずです。

もしそうならあなたの体の中で
薄毛因子が着実に悪さを始めてる可能性が高いので
すぐに対策を始めた方が得策です。

気持ちが後ろ向きになるのもわかりますが、
このままではほぼ確実にあなたの髪はもっと薄くなります。

なぜなら男性型脱毛症は進行が始まると止まらない特徴があるからです。

他にも脱毛症はいろいろとあるのですが、
円形脱毛症はよほど強いストレスを連日抱えているか
遺伝的に問題がある場合でないと起こらず、
太い髪がいきなりぬけるという特徴があります。

あと頭皮の炎症による抜け毛も徐々に細くなっていくというプロセスは辿りません。

薄毛の原因の殆どは男性ホルモンにより起こるAGAなのです。


お風呂や洗面所が本当にリラックスできる場にするためには
それなりの専用対策をする必要があります。

専用というと医薬品を思い浮かべる方が多いかもしれません。

たしかに薬を使うことも重要なのですが、
まずはしっかり頭皮環境を整えないと始まりません。

頭皮がべたついたりヒリヒリしたり赤みを帯びたり
突っ張って硬くなっていたら髪が成長するどころか抜ける一方になります。

頭皮ケアの定番はシャンプーなのですが、実はそれより有用な対策品があります。

ふつうはシャンプーを使った後、育毛剤を使うという流れですが
2つの間にもうひとつ使えるものがあります。

殆どの方はそれをご存じないのでけっこうもったいないことになってますね…


⇒シャンプーと育毛剤の間に使うべき育毛グッズについて


こちらの記事も一緒に読まれてます。