頭頂部とm字の髪が同時に薄くなってきたらかなりやばいですよ?

薄毛に悩む男性は日本人だけでも1000万人以上おり、
そのうちのほとんどが男性型脱毛症だといわれてます。

AGAともいうその脱毛症は男性ホルモンにより引き起こされ、
頭頂部や前頭部の髪が薄くなる特徴があります。

なぜそんな限定されているのかというと、
男性ホルモンが作用するための受容体というタンパク質の一種が存在してるからです。

※後ろとサイドには受容体が存在しないため年をとっても残りやすいというわけです。

ということでAGAは頭の上部が薄くなる特徴がありますが、
一番最悪なパターンは生え際とてっぺんの両方から症状が進行することです。

そこまで重症でない人はてっぺんのみが薄くなります。

男性ホルモンはどちらかというと
生え際のm字部分の方が強く影響を及ぼすので頭頂部より治りにくくなります。

しかし男性ホルモンの影響のしやすさは
個人差があるので広い範囲で薄くなる場合もあります。

よって両部位から進行するのはかなり危ないと思っておいたほうがいいです。

男性型脱毛症は一度発症するともう止まらないので
禿げるのが嫌であれば対策し続ける必要があります。

よってプロペシアなどの抗5αリダクターゼ阻害薬
(薄毛を引き起こす悪い男性ホルモンを減らす薬)を
服用することが基本の対策となります。

薬以外の天然成分でも似た効果があるものもありますが、
効力に差があるため効率的ではありません。

薬の副作用などに抵抗がある方を除いては
基本的にそれを使用したほうがいいですね。

ちなみに生え際(エム字)にプロペシアは効かないという意見もありますがそれは誤りです。

天頂も前髪も薄くなる主因はDHTという
活性型男性ホルモンのしわざなので意味がないことにはなりません。

前頭部と頭頂部では改善のスピードが差があるためそう感じるだけだと思われます。


しかし、たしかにプロペシアだけでは薄毛が治りにくいのも事実です。

男性ホルモンの抑制が出来ても他の薄毛要因、
例えば毛母細胞の活性化や頭皮環境の改善などは出来ないため
プロペシアのみの対策では無理があるのです。


※海外製のプロペシアを真似て作られたジェネリック医薬品、
例えばフィンペシアやエフペシアなども効果は同じですので
状況は大きく変わることはありません。

ということで今や薄毛対策は単一ではなく
複数の対策を同時平行して進めるのが常識となってます。

この流れになるとミノキシジルの併用がよく勧められます。

たしかにそれもすごく大事なのですが、もう1つおすすめしたい対策品があります。

それはシャンプーと育毛剤の間に位置するものですが、
ほとんど育毛剤と変わりない性能を秘めたものになります。


優れた育毛成分はもちろんのこと髪の毛の細胞の元となる細胞も含まれていたり
ミノキシジルとはまた違った対策が可能になります。

頭皮を柔らかくして血行を促進することにも繋がるので他の人より1歩先を行くことができます。


⇒下手な育毛剤よりずっと育毛剤らしいレヴィタCOR


こちらの記事も一緒に読まれてます。