プロペシアを飲むべきかわからない...|薬を飲む前にするべき育毛対策

薄毛対策といったらプロペシアを飲むという図式が当たり前になりつつある昨今。

AGAの発症や治療のメカニズムはいろいろと分かり始めてきたので
それはもはや常識といってもいいでしょう。

しかし髪が薄くなったと感じたら誰もが早急に呑み始めないといけないのか、
というとそれは少し違います。

男性型脱毛症はほうっておけば進行してしまうので早めに対処するのは得策なのは確かです。

ただ髪が薄くなる原因は男性ホルモンだけではないので
必ずプロペシアが効果を発揮するわけではないです。


おでこの境界線も何もないくらいツルツルになってしまったら
ほぼ間違いなくAGAといえますが少し薄くなったかな?
後退したかな?という段階ではすぐ断定はできません。

抜け毛の量も季節や1日の活動によっても変わるのでそれも絶対的な基準になるわけではないです。

よってまずは基本的な育毛対策から始めてみるのがいいでしょう。

それをしても薄毛が明らかに進行してるのがわかったら
AGAの可能性が高いだろうなどと判断もしやすくなります。

ではどんなことをすればいいのかというと、まず基本となるのは生活習慣の見直しです。

髪の毛は体の健康状態を表す信号です。

不健康といわれる様々な行動、
例えば喫煙、飲みすぎ、食べすぎ、寝不足などは体に大きな負担をかけることになります。

すると内蔵の機能が低下して血流や血液の質が悪くなり髪の生育に影響してくるのです。

髪は体の末端に位置しているうえに血流が最も悪い頭部にありますから
栄養が供給されるのは必然的に最後になります。


つまり余った分を供給させる運命にあるのです。

髪が血余と表現されるのはそのためです。


次に大事となるのは育毛を促進する直接的な対策です。

生活習慣だけでは効果が現れにくいので
患部からダイレクトに栄養を送り込むことも重要になります。

ただいきなり育毛剤を使わなくても大丈夫です。高価な育毛剤はとくにそうです。

それは本格的な対策を始める際に必要になるものなので
初期段階の様子見の時点では必須アイテムではありません。

まずは医薬品以外の育毛対策を行ってみて、
それでも進行するようならミノキシジルなども導入していく感じの方がいいでしょう。

薬はただでも費用が高くついてしまいますし、
体の健康的にもいいものとはいえないのでできるだけ安全路線を進むことも大事だと思います。

でも育毛剤以外でそんな対策ができるの?とあなたは疑問に思ったかもしれません。

たしかにこれから紹介する育毛アイテムは一般的には余り知られておらず、
しかもふつうは使うべきではないと言われてる部類のものになります。

よってあなたが知らないのはある意味当然の事といえるのです。


⇒その薄毛対策品の詳細はトップ記事にて説明します
(けっこう意外なものだと感じるはずです)


こちらの記事も一緒に読まれてます。