市販コンディショナーでおすすめは何ですか?と思ったあなたへ

あなたはコンディショナーは何を使ったらいいのかと最近迷ってないでしょうか?

コンディショナーもいろんな市販品が見受けられるので
何がいいのか確かにわかりにくいと思います。

しかし、残念ながらご近所の薬局やスーパー、
ホームセンターに売っているものに良質なものはありません。

何の役にも立たないどころか、あなたの大事な髪を危険に晒す代物です。

よって市販コンディショナーでおすすめはどれ?という考え方は今すぐ改めないといけません。

薄毛に悩んでいる方は特にです。

その辺のお店にこれでもかと並べられてる
いわゆる市販品は安さや使い勝手のことしか
考えられておらず髪の健康のことは無視されています。

コンディショナーの目的はシャンプー後におきがちなあのギシギシ感を解消するためです。

シャンプー後はキューティクルが痛みがちなのでそれをシリコンや界面活性剤で保護して
指通りやクシ通りを滑らかにして物理的な抜け毛を防ぎ、
なおかつ見た目も綺麗にしたりする役目があります。

要は一時的な美容効果しか得られないわけです。

一般的はコンディショナーはコーティング剤や着色料、
香料、防腐剤など化学成分の塊といえるものなので
髪からはがれる際にキューティクルもとってしまったり、
頭皮に付着するとタンパク質が壊れたりもします。

つまり髪にコシがなくなったり頭皮に汚れが蓄積して
抜け毛が増えやすくなったりするのです。

汚れが溜まると常在菌が繁殖して炎症を起こしたり、
たんぱく質が壊れると頭皮が薄くなったり硬くなったりして
血行そのものが悪くなる恐れが出てくるためです。

そもそも市販品はシャンプーの洗浄剤の刺激が強いため
洗い上がりがギシギシと悪くなってしまいます。

そこでコンディショナーもセットで売って
悪いものを悪いもので覆い隠そうとしてるのです。


もしあなたが何となくシャンプーだけでなく
コンディショナーも使ったほうが育毛に良さそうかなと
思っているのなら十分注意してください。


ちなみに最近はあえて頭皮につけるように設計して
より保湿効果を高める目的のものも登場してきてます。

そういうものならまだ普通の市販品よりましですが
せいぜい頭皮の保湿や一時的な髪のコシのアップくらいしか
効果は望めませんので無理に使う必要はないです。

ということでコンディショナーは育毛に全く必要ないと、
言いたいところですが1つだけ例外が存在します。

そのコンディショナーはもはやコンディショナーの域を超えて
育毛剤の領域に達しているほどです。


むしろ下手な育毛剤よりよっぽどしっかり作られています。

それがどんなものかはトップにて説明しているので興味があるのなら御覧ください。


⇒下手な育毛剤より育毛剤らしいコンディショナーについて

こちらの記事も一緒に読まれてます。