薄毛対策になるコンディショナーはどれ?|通常なら必要性はないが...

前頭部が後退するなどの薄毛症状が出てきたら
まっさきにやらないといけないのは生活習慣の改善や頭皮環境の正常化です。

私生活の送り方で髪の生え方が違ってきますし、
頭皮の状態が悪ければ抜け毛が増えることになるからです。

そこであなたはシャンプーを使った後
コンディショナーも使ったほうがより効果的なのか、
併用したほうが薄毛対策的に有効なのかと思った事があると思います。

いえ、すでに薄毛対策となるコンディショナーをお探しになってるかと思います。

そこで是非覚えていてほしいことが2つあります。

1つは市販品は役に立たないどころか逆効果になる、
そしてもう1つは薄毛対策まで考えられたコンディショナーは日本にはない、ということです。


まず市販品についてですが、
ここでいう市販品は店頭に並べられている大衆向けの安価なものを指します。

よくシャンプーとセットになって売ってるものもありますが
そういったものは全く使う必要がないというか使ってはいけません。

一般向けの安いものはコストと使い勝手、それに美容的なことしか考えられていないからです。

コンディショナー(リンス)はシャンプー後に生じる
髪のギシギシ感をコーティング剤を用いて一時的に覆うためだけのものです。

そして費用を抑えることも重視してるため配合成分は質の悪いものだらけです。

シリコンはもちろん合成界面活性剤もたっぷり入ってて、
おまけに着色料や香料、防腐剤などの添加物もこれでもかというくらい配合しまくっています。


シリコンははがれる際に髪のバリアであるキューティクルという組織も一緒に剥離してしまい、
頭皮に残留すると汚れを溜める原因にもなります。

合成界面活性剤はシャンプーとは違った種類の
吸着力が強いものが使われておりよりタンパク質(頭皮)へのダメージが大きいものです。

その他の添加物も多ければ多いほどアレルギーを引き起こす可能性が増えます。

そもそもシャンプーの質がよければ洗い上がりは全く問題がないので
なんも小細工をする必要がないのですが、市販品は欠点を強引に隠そうとしてるのです。

毒をもって毒を制すということわざを悪用しているといってもいいでしょう。

一般的に男性は女性より髪が短いので
頭皮に液体が付着する可能性が高いのでより危険です。


そして次が肝心な部分になるのですが、
コンディショナーから育毛のことを意識した製品は日本には存在しないのです。


中には頭皮をパックして保湿効果を高めたり
コラーゲンを駆使して髪にコシを出すみたいなものも
登場してきてますがそれは厳密には育毛対策ではありません。

育毛とは毛根の組織(細胞)を活性化させたり
薄毛の原因物質を抑制することになるので
頭皮や髪の表面をいくらケアしても抜け毛は減らないのです。

もしあなたが育毛対策もできるコンディショナーを探しているのなら選択肢はこれしかありません。


⇒見るとわかりますが一般的なコンディショナーとは比べ物にならないほどの性能差があります


こちらの記事も一緒に読まれてます。