ドライヤーは地肌に当てないのが基本|頭皮の乾燥はハゲる一因

あなたは普段どんなドライヤーの使い方をしてるでしょうか?

ある程度の距離を保って同じ場所に熱風をあてないよう
小刻みに動かしながらやっているか、

思いっきり地肌に近づけてとにかく早く乾かすようにしてるかの
どちらかだと思いますが、もし後者ならすぐやり方を改めましょう。

なぜなら髪や頭皮が熱で痛んでしまうからです。

ドライヤーの熱風はちょっと以外かもしれませんが100度くらいあるんです。

だから手をかざすとすぐアチ!ってなりますが、
髪には神経がないですし頭皮は髪に覆われてるので熱くなってることに気づきにくいのです。

しかもドライヤーを使うときは頭が塗れてるのでますますピンチに気づかない状態になっています。

なぜ熱いのがダメなのかというと、たんぱく質が変質してしまうからです。

特に髪は他の組織と比べて細いうえに表面積が大きいので特に熱に弱いのです。

120度くらいまでならそんなに影響はないですが
それよりも高くなると湾曲や水蒸気の沸騰が生じ髪の毛がものすごく痛みます。

当然頭皮にも似たようなことがいえます。

人間の体の大部分はタンパク質で作られており水分についで多く存在してる物質です。

頭皮もタンパク質で主に作られている組織ですので髪と同じように熱風は大敵となります。
しかも乾燥を招く恐れもあるのでフケや皮脂の過剰分泌をも引き起こしかねません。


頭皮も含め肌というのは常に皮脂がある程度覆っていることで
水分の蒸発を防いだり雑菌の侵入を阻んで体を守っています。

乾燥すると皮脂の不足を補おうとしてべたつくほど分泌が盛んになってしまったり、
抵抗力が落ちて細菌の侵入を許してしまいやすくなります。

ではドライヤーは使わないほうがいいのかというと、それもまた違います。

頭がぬれたままだと雑菌が繁殖しやすいですし
キューティクルが開いたままになるので摩擦に弱くなり切れ毛を起こすきっかけとなります。

すると髪の密度にも影響しかねませんので
いまある髪を守ることもすごく大事になるのです。

最初に少し触れたように、ドライヤーは15センチほど放せば
100度に達することはないので最低でもそのくらい離して風をあてましょう。


ただし同じ箇所に集中的にあて続けると
当然温度は急上昇してしまうので小刻みに動かすことも忘れずに。

頭皮環境は育毛の初期対策となる大切なことですので
是非油断しないようにしてほしいと思います。

ではここからが本当に重要なことになるのですが
あなたは普段どんな対策をしてるでしょうか?

どこにでも売ってるような安いシャンプーや育毛剤を使っているようでは前髪はおろか
てっぺんのボリュームも回復させることはできません。

ドライヤーや洗髪は育毛の基礎の基礎になります。

そこばかり追求したとしてもこれから生えてくる髪をケアしなければ
いつまで経っても太い髪は生えてきません。

土台ばかり作っていても家は建たないのです。

当ブログではあるコンディショナーを推奨してます。

それも単なる表面上のヘアケアグッズじゃないかと
あなたは指摘したくなったかもしれませんが、
この流れでふつうのコンディショナーを紹介するわけがありません。


下手な育毛剤よりよっぽど為になるかなり特殊なコンディショナーなのです。


⇒どんなコンディショナーかはトップで説明してます


こちらの記事も一緒に読まれてます。