頭を洗わないとハゲる原因が増える|でもシャンプーに発毛効果はない

あなたが薄毛に困っているのならまず気をつけてほしいのが洗髪です。

つまり頭を清潔に保つことが重要ということです。
洗髪は育毛対策の出発点ですので最初から躓いていては後が思いやられます。

前髪が少なくなってる方はなおさらです。

頭を不潔にするということは抜け毛を増やす原因を増やすことになるからです。

頭が汚いというのは皮脂や角質(フケ)などが
頭皮表面や毛穴にべったりこびりついている状態で
下手すると臭いやかゆみを引き起こします。

自分の臭いはよほど強くないかぎり気づかないので
いつのまにか周りに迷惑をかける可能性も出てきます。

そしてひどくなると皮脂汚れを餌にした常在菌が
異常繁殖して炎症を引き起こす危険性もあります。

炎症は白血球が出す活性酸素によって
正常な細胞にもダメージが及んで起こる現象で当然髪の毛にも悪いものになります。

頭皮湿疹やニキビでいきなりごっそり
抜けることはないですが炎症はないに越したことはないです。

あまり悪い状態が続くと頭皮の新陳代謝が悪くなって
柔軟さが失われて血行を悪くすることにも繋がります。

薄毛に悩んでる方であまり頭を洗わないという方はあまりいないと思いますが
汚くすることのリスクはしっかり覚えておいてください。

どちらかというと問題になるのは
洗いすぎやシャンプーへの過度の期待のほうだと思われます。

さすがに汗をかくたびにとか1日や2日くらい洗わなかったとしても
深刻なダメージが髪に及ぶわけではありませんので
夏だからといって洗いすぎは禁物です。


1日に2度も3度もシャンプーをしてしまうと
皮膚に必要な分の皮脂が足りなくなってしまい、かえって分泌量が増えることになります。

皮脂は頭皮トラブルの元凶になってはいますが
本来は皮膚を守るためにあるものですので不足することもよくないのです。


そして勘違いされやすいのがシャンプーの効果についてです。


シャンプーは髪を洗うことが目的ですので
育毛対策をダイレクトに行うことはできません。

中には育毛と深く関係する成分を配合しているものもありますが、
それだけでは十分な対策をすることはできません。

てっぺんも生え際もそうですが男性ホルモンを抑制したうえに
頭皮を柔らかくして血行を促進し、そこに育毛成分をプラスして
回復に拍車をかけるというのが本来のやり方です。

シャンプーは頭皮の表面上のケアしか基本的にはできないので
それだけでは不十分にもほどがあるのです。


もしあなたが薄毛で悩んでいるのなら
ダイレクトに髪の成長を促進する対策をはじめてみましょう。

もう育毛剤を使ってるからいらない?

いいえ、今回お伝えしたいのは育毛剤ではありません。
ただ下手な育毛剤よりもずっと効果的なものになります。

それはふつうシャンプー後に使うものなので大抵の方は必要ないと思うはずです。

それほどその対策品は常識とはかけ離れているのです。


⇒意外な育毛法に興味がある方はトップページをご覧ください


こちらの記事も一緒に読まれてます。