リンスインシャンプーは頭皮に大変良くない!はげる原因を増やす

市販の安いヘアケアグッズは基本的にどれも質が悪いものですが
中でも注意してほしいのがリンスインシャンプーです。

登場した当時はけっこう流行ったもので
使ってる人はかなりいたと思われます。

今でも使ってる人はそれなりにいるかもしれませんが
もしあなたもそうなら今すぐ使用を中止してください。

リンスインシャンプーは数あるヘアケアグッズの中で
最悪の部類にはいるものだからです。


そもそもリンスとシャンプーの役割は全く違うものです。

リンスはシャンプー後のギシギシ感を解消するためのもので
シャンプーは頭皮を洗浄するためのものです。

リンスはシリコンや陽イオン界面活性剤などの
強力なコーティング剤を配合した液体なので
基本的に頭皮につけてはいけないものです。

シャンプーは頭皮の洗浄剤ですので当然のことながら頭皮につけないといけません。

つまりリンスインシャンプーは相反する2つの液体が交じり合ったとても奇妙なものなのです。

それで洗浄するということはリンスをたっぷりと
頭皮に塗り手繰ってるのと同じことになります。

リンスには吸着力と残留性が強いコーティング剤が
たくさん入ってるので頭皮に汚れが残りやすいことに加え
タンパク質を壊し頭皮を痛めることにもなります。

汚れがたまりやすくなると頭皮常在菌の餌が増えるので
異常繁殖→炎症→抜け毛の増加という図式が成り立ちやすくもなります。

そんな悪質な商品はたいてい安価な市販品です。

市販品は単なる洗浄とか美容とか使い勝手とか
そういうことしか考えていないものが大半ですので
薄毛対策には不向きどころか害にしかなりません。

たとえシャンプーとリンスが別々に売ってたとしても
近所の薬局やスーパーに置いてあるヘアケアグッズは買ってはいけません。

これは薄毛に悩んでいない方にもいえることです。

頭皮が荒れていては健康な髪は育ちません。

まずそれを肝に銘じないといけません。

ということでリンスというものは
基本的に全くもって不必要な長物なのですが実は1つだけ例外があります。

一部の優良なメーカーはリンス(コンディショナー)にも
育毛成分や優れた浸透技術を盛り込んでいて、
下手な育毛剤を使うよりよっぽど効果があります。


ところが日本ではそういう発想がまだないようです。

薬や育毛剤でも十分といえば十分なのですが
薄毛対策はできるだけ多くの対策を実行したほうが
回復度合いが変わってくるので損ではないです。

そのコンディショナーを使えば一般的な育毛対策に
もう1つプラスすることができるので有利になることは間違いありません。


⇒育毛対策にもなる特集なコンディショナー「レヴィタcor」の記事へ



こちらの記事も一緒に読まれてます。