シリコンが頭皮に与える影響とは?|しっかり洗い流せば害は少ない

シリコンはとても有名なコーティング剤です。

トリートメントやシャンプー、コンディショナーによく含まれており
髪の毛に付着することでギシギシ感を解消しクシ通りをよくするために使われています。

界面活性剤と違って肌や髪を傷つけないので多くの製品に積極的に配合されています。

しかし髪の外側にはキューティクルと呼ばれる組織があり、
それが盾となっているのですが、シリコンがはがれる際に
一緒にはがしてしまうという問題があります。

それによりかえって髪が痛みやすくなるから逆効果であるという指摘がよくされています。

では頭皮に関してはどうなのかというと、それも賛否両論になっている感じです。

シリコンを推奨する側の意見によると、
肌への刺激がないとても安全性が高い成分で洗い流せば全く問題は生じない。

逆に反対派の意見はというと、
シリコンには残留性があるので頻繁に使っていると
頭皮に残ってしまいそれが毛穴に汚れを溜めやすくする。


どちらの意見も完全に間違いとはいえないので迷うところではあると思いますが
とりあえずシリコンという成分自体が安全性が高いというところは大きいと思います。

女性の豊胸手術でも使われるくらいですからね。

よってヘアケア商品の本当の問題はシリコンとは別のところにあると思われます。

例えばラウレス硫酸ナトリウムに代表される
陰イオン界面活性剤が含まれたシャンプーは非常に多いです。

コストが安いことが使われる一番の理由かと思われますが
それでは洗浄力が強すぎたりタンパク質を壊すこともありヘアケアとは逆行することになります。

あと通常の市販品は使い勝手しか考えられてないので
余計な着色料や香料などが使われてることも多いです。

変な化学成分が多く含まれているほど
頭皮がかぶれる可能性が高くなるので薄毛を治したい方はかなり注意が必要です。

あとトリートメントやコンディショナーも基本的には使わないほうがいいです。

それらはコーティング剤の塊みたいなものなので
たとえすすぎを丁寧に行ったとしても頭皮に悪い成分を付着させることは好ましくありません。

市販のトリートメントやコンディショナーは質の悪いシャンプーの弱点(洗い上がりのギシギシ感)を
隠すためでしかない代物ですので使う意味は全くないです。


本当のヘアケア商品とは髪や頭皮に悪い成分が
配合されていないのはもちろんのこと、育毛効果を有してるものを指します。


それは当たり前のように感じるかもしれないですが
意外とそういう製品は少ないのが現状です。

最近は安全性を重視するものは増えてますが
育毛効果が中途半端なものが多いのでまだまだ発展途上な感は否めません。

でもそんな現状を打破する非常識なものもあります。

それは育毛剤ではないのですが、下手な国産育毛剤よりよっぽど効果的になります。


⇒そのちょっと変わった育毛グッズはトップページで解説しています

こちらの記事も一緒に読まれてます。