前髪が減る最大の原因は男性ホルモン|細胞レベルの対策が必須!

前髪が抜けやすくなった、眉毛まで伸びなくなった、
量が減ってスカスカになり下ろしてもおでこが丸見え、
そしておでこの面積が広くなった、m字部分が後退してきた。

あなたがそのような異変を「明らかに」実感されているようなら
男性ホルモンの影響が出始めた可能性が高いです。

つまり男性型脱毛症(AGA)を発症してると考えられます。

もちろんストレスや免疫機能の異常でも髪が抜ける原因にはなりますが、
前頭部にばかり症状が出ることは稀です。

生え際付近はAGAを引き起こす悪性の男性ホルモンであるDHTが
もっとも生成されやすい場所のひとつです。

そのため前髪に異変が現れたらAGAである可能性が非常に高いのです。


男性型脱毛症は徐々に進行していくので
1ヶ月やそこらで急激に禿げ上がることはないですが
1日でも早めに対処することが大事になります。

なぜなら時間が経つのは早いので
油断してるといつのまにかすごく進行してしまった…ということになりかねないですし、

年を取るほど体の機能が衰えてくるので
髪が伸びにくくなる上、薄毛は進行度合いが増すほど治すのが難しくなるからです。

ではどんな対策をすればいいのかというと、
とりあえず重要になるのは男性ホルモンの抑制です。

それをしないと始まらないので皮膚科や専門病院にいって
プロペシアを処方してもらうか、薬代が高くて払えない場合は個人輸入を利用して
ジェネリックのフィンペシアやエフペシアなどを飲むようにします。

そしてAGAになると毛髪の細胞が弱まってる状態なので
奮い立たせる(活性化させる)必要があります。

そのためミノキシジル育毛剤も併用して血行を促進したりする方法が推奨されてるのです。

基本的にはその2つの対策でいいのですが、まだ実は抜けている対策があります。

それが頭皮と細胞レベルのケアです。

頭皮は髪が生えるための土台といえる存在なので
その環境が悪ければ髪は生えにくくなります。


生え際は体の構造上、血行が元々悪い箇所なので
頭皮が突っ張ったり硬くなりやすくなります。

すると栄養分が髪まで届きにくくなるので
当然のことながら伸びないですし産毛は太くなりません。

それはミノキシジルで十分なのでは?とあなたは思ったかもしれませんが、
それだけでは頭皮ケア的に不十分なのです。

そのことが次の細胞レベルのケアに繋がってきます。

シャンプーのあとにある対策をすることで全ての細胞の元になる細胞を取り込むことができ、
頭皮の柔軟性から育毛効果も促進することが可能になります。


まさに前髪の健康にぴったりな対策といえます。

もちろん部位は問わないのでテッペンの薄毛対策にも使うことができます。

薄毛は男性ホルモンの抑制をすればなんとかなる
という風潮があるような感じがしますが、それだけでは健康な髪は育ちません。

髪が減る原因に対処しつつ、どれだけ育毛のスピードアップが図れるか。

それが脱毛を防ぐ最も重要な考え方になります。


⇒ではその画期的な育毛法を紹介します



こちらの記事も一緒に読まれてます。