頭皮が固いとはげやすくなる|生え際の薄毛が治りにくい大きな理由

薄毛トラブルに見舞われている人の典型的な特徴のひとつが固い頭皮です。
頭皮が固いとはどういう事かというと、細胞の新陳代謝が悪くなっている状態です。

つまり細胞の生まれ変わりが遅くなって
余分な皮膚(角質)があまり排出されなくなり、どんどん弾力も失われていきます。

その主な原因は血流の悪さにありますが、
頭皮の硬化は血行が悪くなる要因にもなるので互いに相乗効果をもたらしてしまいます。

血液は筋肉から生じた熱を体中に伝える役目もあるため
血行が悪くなれば当然頭皮の温度が下がることになります。

もちろん栄養や酸素も不足してしまうので
薄毛の人の頭皮温度は平均的に1~2度以上も低く
手を使わず動かせなかったり揉むと痛みがあるのです。


頭皮が硬くなる主な理由は生活習慣とヘアケアの仕方です。

慢性的に深酒や喫煙、添加物だらけの加工食品などを
摂取してると内蔵に負担をかけ続けることになり、自然と機能が衰え始めます。

すると血流が悪くなるだけでなく毒素もうまく排出できなくなるので
血液の質そのものも低下してしまいます。

また、1日に何度も洗髪したり、市販品のような質の悪いシャンプーを使い続けると
皮脂を根こそぎ取り除いてしまう上にタンパク質変性作用で頭皮を傷つけてしまいます。

頭皮は思った以上にデリケートな部分です。

てっぺんは最も外的刺激が受けやすいので
皮脂腺を体の中で最も多く密集させ大量の毛でガードしないといけないのです。

ということで無用な刺激は厳禁なのですが
現代は誤った知識が多いことから逆効果になることをしてる人が大勢いるのが現状です。


シャンプーはなんでもよいといったり、頭皮を叩けば血行がよくなるなど・・・

シャンプーに含まれる洗浄剤(界面活性剤)は
安いものだと硫酸系ばかりが配合されてるので必ずアミノ酸系を選択する必要があります。

皮膚は物理的刺激を与えると硬くなる性質があるので
逆に血行が悪くなったり細胞を傷つける恐れがあります。

生え際は男性ホルモンの影響が強いことに加え
目の疲れによる血流障害の影響も受けてしまうので頭皮の硬化が顕著で髪が生えにくいのです。

ということで規則正しい生活習慣を身に付けシャンプーに気をつけるのは当然として、
徹底的に頭皮を柔らかくする対策が必要です。

一般的には頭皮マッサージがいいとよく言われますが
それは一時的な効果にしか過ぎないので全然有効な方法ではないです。

むしろやりすぎると血管を痛める可能性だってあります。

あとシャンプーや育毛剤でも良いのですが、それよりも効果的な方法があります。

その方法で育毛成分だけでなくある細胞も浸透させることで
頭皮や髪の異常を根本的にケアすることができます。


⇒硬い頭皮から育毛対策までこなす育毛対策「レヴィタcor」